投資信託をはじめよう

投資信託について詳しく知ろう

投資信託とは良く聞く言葉ですが、どういった事を意味するのでしょうか?
ここでは投資信託について、詳しく見ていく事にしましょう。

 

投資信託とは、ファンドとも呼ばれ、大まかに説明をすると投資信託とは、資産運用の専門家が、投資家からお金を集めて資金とし、国内や海外の株式や債券として投資をしたり、資金を運用をするというような、金融商品の事を意味しています。
運用された投資の成果は、投資家が投じた額に応じて分配がされるという仕組みになっています。

 

集められた資金をどのような投資先に充てるのかは、投資信託ごとの方針に沿って、専門家が決定します。
投資信託の運用結果は、市場の様々な状況によって変わってくるので、上手く行けば大きな利益が得られますし、運用が上手く行かない場合は、大きく損をする事もあるのです。
このような投資信託で生ずる損益は、それぞれの投資額によって投資家に帰属します。
このような事から、投資信託は、銀行預金のように決して元本が保証されていないので、運用を行うには、十分注意しておく必要があります。

 

投資信託は、投資信託運用会社と呼ばれるところで作成され、販売会社と呼ばれる証券会社や、銀行、郵便局などを通じて販売されます。
投資家から集められたお金は信託銀行で保管され、運用指示とよばれるように、運用会社が集めたお金の投資方法を決定する権限を持ち、運用方法を信託銀行へと指示しています。

 

販売会社は、投資家の口座や投資信託の販売と換金、分配や償還金を支払うといった役割を担っています。
また、投資家の資産運用に関する相談やアドヴァイスも行っています。
一方、運用会社では、専門家によって世界経済の状況、政治や金融の状況によって様々なデータを解析し、投資信託の資産運用について考え、運用の指示を行います。
このことから、投資信託の運用会社は、投資信託で最も重要な役割を担っているといえるのです。
運用会社は受託者という名で法律上呼ばれています。
反対に、運用会社の指示によって投資信託の資産を管理する信託銀行は、法律の上では受託者と記されています。
投資信託は、このようにそれぞれの機関がその役割を十分に果たして、はじめて成り立つ金融商品なのです。


自分に合った投資信託を選んでみよう

投資信託を選ぶには、まず自分の投資するスタイルやニーズに合わせて商品を選ぶ必要があります。
投資信託には、様々な種類がありますが、大きく分けると2つに分類出来ます。
安定運用を目指すのであれは、公社債投資信託がおすすめですし、株式投資信託と呼ばれるものや、双方をバランスよく投資を行うには、それぞれを組み合わせたバランス型と呼ばれるものを選ぶと良いでしょう。
これらの公社債投資信託、株式投資信託は、更にそれぞれオープン型とユニット型と呼ばれる、追加して購入できるものと、そうでないものへと分類する事が出来ます。

 

投資信託には、投資するエリアによってファンドの値動きやリスクの度合いが変わってくるといった特徴があります。
欧米などの先進国型や、BRICsなどの新興国型(エマージング型)、そして世界中にまんべんなく投資するグローバル型など、物価や金利、経済の成長具合によってファンドの値動きにも大きな差が生まれているのが現状です。

 

投資信託では、バランスよく組み合わせてリスクを少なくするために、値動きの異なるファンドを組み合わせるか、バランス型ファンドで運用していく事が重要なポイントになってきます。
エマージング型ファンドでは、値動きが大きいので、投資先の政治状況などに大きく左右されやすく、注意する必要があります。

 

もし、運用途中で大きな利益が今後も見込めるのであれば再投資型を選択すると良いでしょう。
反対に、決済の度に分配金を受け取っていきたいのであれば分配金受け取り型を選択するのが良いでしょう。
すぐに資金が必要で無いのであれば、税金面の問題を考えて、中期?長期型の運用方法で進めるのがおすすめです。


もっとも手軽に始められる投資はFX

投資を始めるのにいきなり資産をつぎ込むのはちょっと…とお考えの方にはFXがおすすめ。

FXとは外国為替証拠金取引の略称で、二国間の通貨を売買し、その差益を得る投資商品です。

FX会社にもさまざまな会社がありますが比較するのであれば、FX口座の比較ができるサイトで選ぶと良いでしょう。会社によっては数千円から始められるので投資の第一歩としてお勧めです。

初心者の場合はデモトレードから

FXがいくら手軽に始められると言っても、いきなり儲けが出るわけではありません。FX初心者、それでもまだあきらめないなら、デモトレードがおすすめ。

デモトレードはバーチャル環境で本番と同じ取引を体験できます。無料で行えるので失敗しても損失リスクはありません。むしろデモ取引では大きく失敗した方が、取引の本質を理解できるでしょう。あきらめないなら徹底して大きな取引を行ってみて、大きく失敗してみてください。

そういう積み重ねによって、自分の癖や強み、弱みも把握でき、取引が上手になるでしょう。